スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Simple Twin-ichimoku FX 手法-2)

・当手法は、当初著名な2組のFXツールに一目均衡表を取り入れした合成版を作成
したが、どうもエントリータイミングがしっくりせずにいました。
→07/23ブログ投稿記事参照。

・その後、数年前に会員登録していたFPnet(マーフィーこと柾木先生のSpanModel)
メールから、スパンオートシグナルなる手法開発の資料が届き、この時点である種の
閃きを見つけました。

・そこで、実質8/08に8/27ブログ投稿通りのパラメータを設定して、
『Simple Twin_ichimoku-FX 手法』として、OANDAデモ口座とXM.comライブ口座
で検証を実施中です。

・OANDAデモ口座では、8/01新規デモ口座開設して、当手法を検証していますが、
当初開設証拠金¥1,000,000から約1ヶ月間で30%増の¥1,300,000になっています。
因みに、取引ロット数は0.4で実践しています。
取引通貨は、USD/JPY・EUR/USD・GBP/USD+AUD/USDの4ペアで検証しています。

・XM.comライブ口座の方は、エントリの慎重さ・待ちが入りますので、当然デモ口座より
金額・ピップスはよりUPしている結果が出ました。

・トレード時間帯は通常では欧州時間(PM4:00~)から米国開始時間(PM10:00) から
1時間半~2時間でトレードしています。
稀に、日本市場では仲値~11:30間に発表される豪国のRBA政策金利(毎月第1火曜)
と新規雇用者数(毎月中旬)及びGDP発表(3.6.9.12月上旬)の日にAUD/USD通貨で
トレードしています。

・現在、OANDAデモ口座でのトレード実践のチャートをエントリ時点(M5.M30.H1orH4)と
エクジェットまでの中間地点及びエクジェット時点の3時点でのスナップショットのチャート
をWinShotして保存している最中です。このチャート図から手法を如何にして簡単に明瞭
に纏めるか思案中です。

・一目均衡表の書籍は持参していますが、次のサイトから印刷整理して学習中です。
相当に難しい理論ではあるが、特に先行スパン1と先行スパン2及び雲(抵抗帯)を
解析して把握することにより、マーフィ:スパンモデルとの相関が容易に理解出来つつあり、
エントリとエクジェットのタイミングが相当高効率でUPしている最中です。

➡小次郎氏講座:http://column.cx.minkabu.jp/5022
➡福永先生セミナー:https://min-fx.jp/seminar/index_47.html(100ページ相当数)

・ここで、現在までに把握し利確したエントリとエクジェットのタイミングの備忘メモを
公開すると以下の通りです。
【Buyのケース】
➊ 5分足と30分足が、いずれも上昇トレンドであることを確認して、スパンモデルの
 青色ライン(上)にローソク足接する押し目局面でエントリする。
 この時のエクジェット地点は、Pivot(Day)R1~R2ラインにT/Pラインを合わせて置き、
 最初のエクジェット点はBBの+2σであり、次は15Pips以上になった時点、そして
R1orR2時点で任意に利確するのがベストである。
最初は、確実に利小でも利確すべきである。これで、勝率80%以上となります。

 但し、5分足(30分足)の上昇トレンドの見方は、スパンモデルの青色スパンが段々
 と切り上がり中か、赤色ライン(下)が平行ラインからの上昇か、GC後の上昇トレンドか
 により、エントリのタイミングがローソク足の青色ライン(上)からするか、ローソク足の
 赤色ライン(下)からするか異なり、利確幅も違ってくる。

 又、エントリ時点で30分足と1時間足が同じ上昇トレンドになっているが、4時間足が
 赤色ライン(下)が平行ラインとなっていれば、利確幅が15pips以下に抑えることに
 なる。もしくは、4時間足が下降トレンドであれば、1時間程度の範囲で早めに利確する
 のがコツの」1つである。

➡いずれにせよ、スパンモデルの青色スパンが26期間(ローソク足)先行して、表示
 されているのがICHIMOKUの雲であることを念頭に置き、特に5分足の先行する雲
 と1時間足の先行する雲が同じトレンドか、レンジトレンドかは、一目にして瞬間に判明
 出来るのが、当手法の最大特徴である。
 わざわざ、サポレジ・平行ライン(でたらめな引き方が多い)は、不要である。

Sellのケースは、上記の逆である。

◆一目均衡表の先行スパンの特徴:、
➊ 52期間の下降トレンドでは、ICHIMOKU理論から「下値から26期間後に半値戻し
 地点が先行スパン2ライン点で、更に26期間後(52期間後)は、先行スパン2ライン
 延長線上にローソク足高値が到着する事が予測される。(絶対ではない!)
➋ 52期間の上昇トレンドでは、ICHIMOKU理論から「高値から17.5(9+16/2)期間後に
 3分の1押し目地点となり、先行スパン1ライン点となる。((絶対ではない!)
以上から、Buyのケースとは、エントリとエクジェットが若干異なることになる。

◆GBP/USD エントリとエクジェットのフローチャート図
0829-Buy_EN_EX

スポンサーサイト

S-Twin_ichimoku-FX手法

◆ Simple Twin_ichimoku-FX 手法チャート図
Simple Twin_ichi-FXチャート図.

・前回投稿した『開発中-New Simple FX手法』の検証から、
今回作成したNew手法は、上図の通りです。
ichimoku(一目均衡表)とSpan Modelを組合せした極めてシンプルな手法です。


S_Twin_ichimoku-FXの構成

・ichimokuは、先行スパン1と先行スパン2の雲(抵抗帯)を表示させています。
下図で解る通り、雲は26期間先行して表示されています。
因みに、FX業界等のテクニカル分析チャートで予測を先行させたチャートは、
一目均衡表のみであり幅広く愛用されていますが、完全マスターには極めて
困難を伴います。
そこで、抵抗帯の雲のみを表示させることにより、Span Modelとのツインタイプ
を作成しました。

・52期間の下降トレンドの場合では、ichimoku理論から「下値から26期間後
に半値戻し地点が先行スパン2ラインにタッチします。そして、更に26期間後
に半値戻しの先行スパン2ライン延長線上にローソク足(高値)が到来します。

下図を参照してください。
◆下降トレンドでの52期間後のローソク足チャート(実例)
DD-ichi-span_下落の半値戻し-Price

◆ 手法の説明:
・本件は、既に約3週間に至りONADAデモ口座と並行して、XM.com社ライブ
で検証中です。

・一応、1週間単位での成果は、5分足と30分足をベースチャート表示させて、
エントリー前には1時間足・4時間足を見てから、5分足でエントリーしています。
概略200程度/pips/週間の成績です。継続3ヶ月の達成が必要不可欠です。

・現在、検証しながら手法原稿を作成中ですが、その項目は、
①トレンド(上昇・下降・レンジ)区分の仕方
②トレード手法の区分とその内容
③時間足毎iのichimoku時間論とトレード手法との相関
等々をトレード実践中でスナップシュットを撮りながら進行中です。

では今日はこの辺で失礼します。




テーマ : FX手法
ジャンル : 株式・投資・マネー

開発中-New Simple FX手法の検証

New Simple チャート

・現在、開発中のNew Simple FX手法の紹介を致します。
まだ以下の点を検証中ですが、事前投稿します。

①自動シグナルサインが何時間足に適合しているか、
 不一致のケースの検証。(オプション扱いの別有料)
②ICHIMOKU雲とローソク足の相関性の検証。
③週間と月単位での成績履歴による検証。
④手法に於ける留意点の取り纏め。
⑤レンジ・下落・下降トレンドの見分け方。
⑥5分足と30分足、5分足と15分足、5分足と1時間足
 組合せの適正度合いの検証。
⑦フィボナッチ・タイムゾーンとICHIMOKUの相関性検証。
以上の点を検証⇒確証を得てから、公開する予定です。

・New Simple FX手法の開発の目覚め
2年前からICHIMOKUが表示されていない、かなり著名
な2組の現役トレーダー手法を高額で買い入れ、この
手法から検証して、編み出した手法です。

・New Simple FX手法のインジケーター
◆一目均衡表の雲表示
◆ボリンジャーバンド(期間は非公開)
◆MA-短気・中期・長期の3本ライン
◆ターニングポイントサイン
◆トレード発注パネル
◆世界3大市場の時間
以上、極めてシンプルな覚え易いロジックです。
マニュアル通りに、知識吸収⇒約束事柄厳守すること
により、年間「勝組」仲間入りをターゲットとしたい。

随時、非公開以外の項目をブログ投稿します。

.......では、今日はこの辺で失礼します。......

2つの〔BB+MA〕比較-その2

5分足比較-02

前回の5分足AとBチャートに無料インジケーターを公開している
「HT FX」ブログから2つのインジケーターを挿入して、検証中です。

2つ共に有料インジケーターですが、
・右青線枠「ポジション分布予想」は、土・日及び毎月2.12.22に
 無料公開しているインジケーターです。
 Fractals発生時の値動きデーダーを利用して、市場に残存している
 ポジションを分布表示しています。3段階表示しています。
➡まだ、未完成と思われますが、随時改良していますので、しばらく
  検証して、利用出来そうであれば購入する予定です。

・2つ目は、チャート上に矢印と点及び水平線が自動的に引かれて
 いるインジケーターです。
 こちらの方は、数回改良されているもので、売り買いのターニング
 ポンイントを自動的に表示しているもので、上記のポジション分布
 とほぼ合致してサインが発生しているか!等々を検証中です。
➡このインジケーターは、5分足・15分・30分・1時間足に有効
  との説明から、HT FXさんの作成腕前から、即利用したいもの
  です。がしかし、今までに相当数のインジケーターとEAを購入
  していますので、慎重に検証中です。

では今日はこの辺で失礼します。

※従来、ブログ最下段「コメント」に対する返信をしていなかったが、
 今後は使い方が分かったので、コメントへの返信をします。

2つの〔BB+MA〕比較

5分足比較

-5分足チャートでのロング-EN&EX
・其のFXツール手法でのBBの2σと3σでの逆張りロジックですが、S/L(赤線ライン)として、
 エントリーは緑線ラインから、利確は確実に+2σライン超えでエクジェットした手法です。

B-5分足チャートでのロング-EN&EX
・其の著名FXツール手法の1時間足と5分足いずれもレンジ相場での手法です。
 こちらの手法では、元来5分足BB-2σ(図ではS/Lライン)からのエントリーになりますが、
 通常は、エントリー出来ない(しない状態)状態トレンドであった。

◆2つの手法から、以下の点を検証できました。
A手法では、スキャル的なトレードロジックで利確幅が少ない(レンジ相場の場合)が、
  確実に利小損小で利確可能である。(相当な慣れと訓練が必要。)
B手法では、同時観察のA手法のチャートからMAのGCから確実に利確できることを検証。
同通貨ペアーを2台PCで同時観察して、AとB手法を相互・相関に手法をミックス選択する
  ことにより、ダマシ回避的なトレードが可能であることを1つ検証出来た。


では、今日はこの辺で失礼します。
 


 




FX為替取引時間帯-2017年夏

◆FX為替取引時間帯-2017年夏バージョン
FX取引時間帯-夏_17

 ・当表は、毎年2回投稿している2017年夏バージョンです。
 ・MetaQuotes社提供のMT4プラットホームは、同社がロシア・モスクワ在籍している事
  から、モスクワ時間となります。
  ロシアは、日本同様に夏冬時間差を採用中止していますので、一定時間帯となります。


◆World Qlockの表示
World Qlock-All01

・MT4プラットホームに常時に表示できますので、
 たいへん便利な無料ソフト(英文仕様:有料版もある)です。
 入手サイト➡http://www.qlock.com/download/


◆米国の北朝鮮攻撃の予想時期は?

 昨日4/10-8:00のDZHフィナンシャルリサーチの投稿から
  A)韓国大統領選挙の5月9日の前
  B)米韓合同軍事演習終了する4月30日付近
  C)先の湾岸戦争開始となった新月では4月26日前後 
  以上、4月25日~29日当たりを警戒するのがベスト。

➡実現された場合は、通常では『有事のドル買い、円売り』となるが、大量の韓国人が
日本難民となることが予想されることから、円買いもあり得るとの予測もあるが!

※日本政府の対応が、全く報道されていないが、活発に検討しています。
  (DHC- TV動画を鑑賞されたし)
  大手マスコミ等の反日運動展開しているエセ平和主義者と
自虐史感保持者が問題であるが!

 では、今日はこの辺失礼します。

勝組への『リスクリワード比率』の把握

2ヶ月振りの投稿です

FX投機3年以上の典型的な敗組パターンは、コツコツドカンで
表現される豚トレーダが大半である。
何と、FX投機する90%前後が敗組であり、このパターンに陥っている。
(過去、筆者もこのパターン属でした。)

このパターンでの豚トレーダの大半は、週or月の1~2回程度の
重要指標でのトレンド読違いを判っているにも関わらず、
これを自己承認せずに「裁量での早めの損切orOCO設定したS/L
のラインを引延ばす行為をしている。つまりは、ルールを厳守して
いない豚トレーダが大半である。

この時の正常な対応は、重要指標発表前にポジションを約定して
置き、発表15分~30分後にトレンドを把握して、押し目・戻りを判断
してエントリーすべきであるが、このルールも厳守しないor出来ない
癖がついているのである。
つまりは、損切できない脳-単細胞化している訳です。

このトレード癖が常習化しているため、数時間or数日間後に証拠金維持率
100%直前までポションを保有して、挙句の果ては大幅損切orマージンカット
によりFX投機フリー会場から退陣する羽目になる。

そこで、勝組仲間入りするための、トレード手法ではなくトレード手段
(投機行動)について、『勝組仲間入りのリスクリワード比率設定の実践と検証』
は、以下の通りである。


リスクリワード比率

●トレード回数毎の勝率とRR比率の検証
上記のトレード10戦/日での勝率・RR比率の実数から検証すると、
以下の通りである。(極めて単純な計算式である。)

・A-CaseでのT/P20、S/L=10では、利確の半分で損切する設定から、
勝率40%以上→4勝6敗でも黒字になる。
従い、早めの損切が必要となるため、エントリータイミングが到来したら
敏速に対応が必要となる。

・B-CaseでのT/P20、S/L15では、勝率50%以上で黒字となる。
より利確額をUPするには、やはりS/L設定値前に手法に準じて
早めの損切が必要となる。

・C-CaseでのT/P・S/L同額値では、勝率60%以上でないと黒字
にならない。
従い、信頼・確率された手法でトレードしないと黒字化は期待出
来ない。当然ながら、その手法ルールは絶対厳守しないと勝組
仲間入りは不可能である。

・A.B.Cケースに共通するとことは、1日当たり10戦程度トレード
するデイトードするFX投機者は、B-CaseのOCO設定を基本と
した場合、勝率50%以上・RR比率1.00以下でないと勝組に
入れない。従い、3連続損失したトレードの日は、その時点で最
低2時間orそれ以降はトレード休むことである。
何故、休むのか!この日は運がない日と諦めが肝心である。

重ねて、損切は早めに躊躇なくロボット的に実行マストである。
と当時にルールを厳守しないと勝組仲間入りは不可能であること
を肝に銘じるとことである。

以上の検証から判明したことは、自己流手法で5年・10年とFX
トレードをしても、FXブローカにお金が吸い取られるのみである。
従い、最低5年以上FX投機を実践して勝組の専業トレーダが作
成された信頼と実践検証されたプロFX手法を学習継続しな
がら、トレードをしないと敗組から脱出は不可能である。
以上が検証結果から得た1つの結論である。

筆者は、2年前と1年前にプロFX手法を、授業代金として購入
しました。
近い将来、この2つの手法をミックスした自己流手法を確立すべく、
検証・研究中であるが、なかなか難しい現状である。

では、今日はこの辺にて失礼します。




FX為替取引時間帯-16年ウィンタータイム

FX取引時間帯-冬_16

◆World Qlock
Qlock-01 Qlock-02


●FX為替取引時間-冬時間:
当表は、下記のサイトから毎年2回(サマータイムとウインタータイム)
を投稿しています。
クリップ拡大→印刷してA4版サイズに利用出来ます。
当時間作成の入手サイト
➡http://www.time-j.net/WorldTime/Location/Australia/Sydney

●World Qlock:
当時間表示は、PCデスクトップに表示しています。
FX-MT4プラットフォーム上に常時表示できませんが、
タスクバーアイコンをクリップすることにより、瞬間的に表示可能です。
当時間表示の入手サイト
➡http://www.qlock.com/download/

無料・有料版がありますが、Domnload Qlock(free)を利用しています。
当サイトは外国製であり英文表示されますが、Google ChromeのIT
エクスプローラから即翻訳出来ます。

FXブロガーのHT FXさんに当QlockをMT4インジケーター作成を
お願いしていますが!


●追記:昨晩の「ドル円」トレード検証
・ドル円とユーロドルを1台目PCに常時1分足を表示させて置き、
 5分足と1時間足or4時間足を2台目と3代目PCに表示させて、
 トレードしています。
 Homing FX著作者-千草 明さんブログ予測がほぼ完璧に当たり、
 たいへん助かっています。
・昨晩の下落トレンドでどこまで落ちるかまでの予測は、
 Homing FXでは明示していませんが!
 森岩外四さん配信メールの日足チャートから、4時間足チャート
 での200MAラインで100.013でピタリと3:00に下値が止まり的中
 していました。
 お陰で久しく約90pipsの大物が取れました。

では、今日はこの辺! 

『トレード決済ツール』トレイリングストップとブレクイーブン機能の検証

裁量トレードツール 裁量決済サポート

16/07/08以来3ヶ月振りのブログです

ホーミングFX手法をDVD動画、FT2検証等を繰り替えし

学習している最中です。

4時間足のBBとMA及びRSI状態のロジックから5分足で

エントリーして1分足でエクジェット実行しています。

程々の成績で経過しています。

 

先に、2回に渉り当ツールを紹介しましたが、今回は耳慣れ

ないブレクイーブン機能付きのEAを実際に利用した体験から

其の検証の結果を紹介して、FX投機の備忘録とします。

 

●当EAは、トレイリングストップとブレイクイーブン機能

が連動して作動することから、スキャル・デイトレード時に

レンジ・トレンド相場で於けるパラメータの設定が難しく、

結局はこの種のトレール系決済処理では、基本的には当EA

の優位性がUP(利確向上)しないものと思われます。

(作成者自身のレベル向上が今後の課題と思われます。)

 

因みに、両方の機能を説明すると

●トレイリングストップ機能とは、逆指値注文(SL)に値幅指定

機能を付加したもので、レート変動に準じて自動的にSLが

切り上がる(切り下がる)機能。

 

➡この機能を設定した後に利益が出てトレイルが作動して、

SL幅を自動的に短縮するが、その後トレンドが逆行して、

結局はこのSL幅で損切りされるケースが大半である。

従い、作成者はトレンドロジックに従い当機能をどの様に

設定するかをマニュアル化されるとベストだが、残念ながら

パラメータ内容の説明に終始している。

従い、当機能を使用するとその大半のトレード結果は、

良くて「利小損小」なる成績になりそうです。

 

●ブレクイーブン機能とは、ある程度の含み益になった時点で、

損切りポイントを自動的に引き上げて、少なくとも利確1pips

以上で約定させる機能である。

両方の機能付きの場合は、ブレクイーブン作動後にトレイリング

ストップ機能が作動する様になっていますが、これ又トレンド

逆行した場合は、結局はブレクイーブンの利確1pipsで約定する

ケースが大半である。

 

 

●追加ツール:ダブル・トレイリングEA

このEAは、損切り(SL)と利確(TP)の両方をトレイリング

する機能であるが、まだ未完成に近いと思われる。

因みに、パラメータ設定項目は、次の様になっている。

StartTrailPips:レートが始値より利益になった場合に、

 トレーリングを開始するpips設定。

SLRatio:レートが3pips動いたらSLを1pips動かす。

TLSeconds:トレイリング開始後、250秒経過したら

 TPを1pips動かす。

 

XM社の月別集計による年間の全コンテストに参加中です。

月別集計で5位以内に入賞を狙っていますが!

 

では、今日はこの辺で!

トレード発注パネルの紹介-操作簡単『IFD-OCO』

If Done-01 If Done-02

先に(2016.04.17)に2つの発注パネルを紹介しましたが、
今回は、②『HT_Simple_Panel』が、IFD-OCO機能を追加
して、尚且つ無料版でブログを開示しています。

極めて、シンプルで使い勝手の良いコンパクトなパネルです。
価格を一切入力せずにIFD-OCOを設定できます。

➡FX投機するトレーダーの中で、プロが制作した高価なツール
を手に入れて、その手法(ロジック)をほぼ理解→体験→胆識
したが、依然として月単位(週単位)で収支マイナスのトレーダー
います。

→更には、この手法は自分に合わないとか、間違っているとか
要は、自力修行をせずに他力本願的思考のトレーダーがいます。
(自分もこの部類に属している感じがしますが!)

→掛かるトレーダーの心相は、トレードするやり方が、各種あるが
その大半を「成行」で約定しています。(ディ・スキャル・スイング)
その心境は、自信家らしい、短気的な気質、勉強家、勝気な性分、
等々であろうと思われます。
そこで、「成行」だけのトレードをしていると、勝組仲間の一歩手前
まで辿り就くと、不体調な時間、連敗が続発しても休むことをしない、
等々の現象が発生して、結局は薬局で治療薬が必要となります。

➡そこで、「成行」トレードから、「IFD-OCO」に切り替えすることに
より、劇的な治療薬と変化することを体験しています。

トレード備忘録の貴重な1ページに成りそうです。

では、今日はこの辺で!

FTTH(光回線)転用移転とファイル断捨離


先頃、約9年間使用していたケータイ電話の充電器を交換するため、新規
オープしたソフトバンク取次店に行った処、機種交換を勧められ型式:DIGNO
(4G:NP501KC:京セラ)に交換しました。

【SoftBank光(Yahoo!BB)に転用移転のメリット】
・その交換時にSoftBank光の説明を受けて、帰宅後に現在加入のNTT東
フレッツ光と以前から加入誘惑されていたAUひかりの3社を比較検討しました。
その結果、6月2日からSoftBank光(Yahoo!BB)に転用移転した次第です。

3社FTTH(光回線)を簡約すると、次の通りです。
・AU光は、基本料金とキャシュバック等があり乗換時点では安いが、光ケーブル
のインフラ整備は自前なので、NTT東と比較して、接続トラブルが多く、苦情が
多発している。

・SoftBank光は、NTT東のインフラをそっくり転用しているため、接続トラブル等は
以前と同じである。又、Yahoo!Japanなるプロバイダも兼備えていることから、
プロバイダー料金は不要であり、この分がNTT光より割安となる。メールアドレス
は、10個まで無料である。
家族にスマホを利用していれば、Yahooスマホ分の基本料金等が割安に適用
される。

・私のケースでは、NTT東フレッツ光+ぷららプロバイダー合わせて
約7,300+1,700/月=約9,000円から、SoftBank光では5,600円+σ程度に
なりそうである。→(光電話加入、メールアドレス4個利用)

【Yahoo!JapanのメールソフトはIMAPで危険性があり!】
・Yahoo!Japanのメールソフトは、要注意です。その理由は、SoftBank光加入者
は・・・@ybb.ne.jpとなります。
フリーのYahoo!Japanのメールは・・・@yahoo.co.jpです。
当然メール受発信サーバーは、・・・@ybb.ne.jpと・・・@yahoo.co.jpでは別か
思っていましたが、何と!同じサーバーとのことです。
セキュリティー危険ではないかを確認した処、オプション扱いで追加料金が
発生する旨との事でした。
自分は、13年前の光回線利用時点からメールソフトは、Thunderbirdを利用
していましたので、この心配無用ですが!
Yahoo!Japanのメールソフトは、受発信サーバーWeb上にあり、IMAP使用
となり、受発信サーバー:SSLとなります。他方、Thunderbirdでは自分の
PC上で受信サーバー:POP,送信サーバー:SMTPとなります。
後者は、PC容量に増えますが、外付けHDDに保存可能です。

【MT4フラットフォームはクラウド仕様】
私は、XM-CyprusとFXDD-Maltaの海外口座をもっていますが、メールアドレス
変更に伴い、当然ながらMT4フラットフォームも再ダウンロードするものと
思っていましたが、2社との交信からその必要は無しとのことでした。
つまり、MT4フラットフォームはクラウド仕様であり、このMT4フラットフォームを
2社サーバー経由である事を再確認した次第です。
但し、2社との交信には当然メールアドレス変更が必要ですが!

【デジタル・遺産の整理】
以上、6/02以降からメールアドレスの変更手続きに約2週間の時間を要して、
やっと整理が付いた処です。
これを契機にして、取引銀行・クレジット会社・株式会社・FXブローカ・加入して
いるブログ・JAR.麻雀ゲーム・通販会社等々のメールアドレスとパスワードを
大方変更終了しましたが、と同時に不要なメール削除、ITサイトの整理と削除、
いわゆる断捨離を実行している最中です。

では、今日はこの辺で!

トレード発注パネルの紹介

MT4SpeedOrder
HT_Simple_Panel

上図の2つのトレード発注パネルを紹介します。
詳細は、サイトを参照して下さい。

①EA『MT4SpeedOrder』は、以前2つの口座にダウンロード購入しましたが、
パラメーター変更する都度、削除→再挿入と手間が掛かっていましたが、
今回、やっと改良更新されたので、再度利用することにした次第。

TS機能が付いているので、10pipsに設定して置くと1~10pips範囲でも
約定されますので、たいへん有益な機能です。

著作者に文字フォントをより鮮明にしては、と要望していますが!
サイト:http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=7032

②EA『HT_Simple_Panel』は、HT FXブログから無料でダウンロード出来ます。
こちらは、有料でないので機能不足ですが、デモ口座等の練習向けに
十分利用できます。両建、TSの機能がありません。

著作者は、極めて多数のインジケーター・EAを週に2~3回無料開放
しているブログです。
サイト:http://htfx.blog.fc2.com/page-1.html

上図チャートのメーンチャートにある数値は、当ブログから利用させて
戴いてるインジケーターです。

追記:前回ブログ「ホーミングFXに一目均衡表の雲を表示したが!」
なる記事で、この一目均衡表のパラメーターをホーミングFXに適合
させて、雲のみ表示させた旨を記載しましたが、その後の検証から
標準の9・26・52に訂正しました。

では、今日はこの辺で!





アクセスランキング

プロフィール

win70tk

Author:win70tk
・FX:S.Twin_ichimoku手法
・FeceBook:青山繁晴応援.
 武術研究会etcグループ.
・動画鑑賞:桜チャンネル等々.
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
  • 管理画面
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。